私的にあれこれ、ふだん着物生活
by showko66
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

昔懐かし→今なら

 以前、掲載した母から譲り受けた紬の着物。帯は?と聞くと赤いポイント(お太鼓)柄の八寸帯が登場。典型的な組合せで、とても懐かしいというか・・・そのまま着ると正に母の着物。
 で、ベージュ色の、動きのある瓢箪柄の綴れ八寸帯をもってきました。渋いながらも、粋な感じで。


d0095653_19123156.jpg


 右の帯は、先月購入した柿渋染め爪綴れの八寸名古屋。仕立て代をケチって自分でかがったのですが、これが大きな間違いでした。両サイドの縁が釣れているので、それを綺麗に揃えてかがらなければならないのですが、これがかなり繊細な作業。途中で泣き出し、和裁の先生に助けを求めました。爪綴れ帯は通常のかがり帯より倍の仕立て代というのは納得。身に染みて分かりました。
[PR]
by showko66 | 2006-10-30 00:00 | コーディネイト

木綿の着物

先日、チボリ公園に行って来ました。国際交流会なる催しがあり、在倉敷の外国の方々がお国自慢の料理を屋台で出していました。
 お肉の焼けるにおいと煙りがモクモク。列にならんで買ってベンチに座ってぱくり。こんなアウトドアではジーンズ感覚で着られる木綿の着物が大活躍。中古の帯を小振りに結んだ角だしでカジュアルに。
 匂いやほこり、気になりません。雨ざらしのベンチだって平気です。着物は帰ったらネットに入れて洗濯機へポン。

d0095653_19213148.jpg


 着物は会津木綿。これは今年、デパートの催事に出店された山田織物さんで購入、仕立ててもらいました(さゆりんちゃんは自分で仕立ててましたよね。スゴイ!)。去年も仕立ててもらい、これは第2号です。
 帯はどこの物とも判らない織り名古屋。倉敷の商店街にある中古屋さんで購入しました。
[PR]
by showko66 | 2006-10-18 00:00 | コーディネイト

便利アイテム1

 着物はバッチリ!でもヘアスタイルが・・・。本などに、簡単に誰でも出来る!などとやり方などが載っていますが、なかなか上手くはいかないし、忙しい朝などに下ごしらえからカーラーなんぞ巻いてる余裕などありません。
 髪質や長さなどにもよるとは思いますが・・・・ 
 で、簡単便利なヘアピースを利用しています。

d0095653_14322082.jpg


 適当な位置にお団子を作り、ドアノブにドアノブカバーを取り付ける様に、ヘアピースをお団子にすっぽりとかぶせて、はい!出来上がり。
 
 
[PR]
by showko66 | 2006-10-09 00:00 | 小物

母から譲り受けた着物

 この着物は、母が嫁に行く時に祖母が作って持たせてくれた大島紬。しかし、普段に着物を着るほど着物好きではなかった母はほとんど袖を通さずタンスの中へ。もったいないので私が貰う事になりました。が、長い間眠らされていたので胴裏は黄ばみ、八掛は薄汚れ・・・。しかも身長差は7センチ。着丈も裄も短いのでこのままでは着られず、悉皆屋さんに相談に行きました。
 裄は問題なく出せるようでしが、共布も無かったので希望の丈が出せない!似た布で、帯で隠れる部分で継ぎ足すのは折角の大島が悲しい・・・ところが袖丈が普通より長いという事を悉皆屋の親父が発見!それを帯下になる部分で継ぎ足してなんとかなる!と断言。洗い張り、仕立て直しを依頼して2ヶ月後。お見事!新品の様だ!継ぎ足し部分も良く見ないと判らない程うまく柄を合わせてくれている。素晴らしい!

d0095653_15213370.jpg


 これで晴れてウン十年目にして、日の目を見る事が出来る着物なのでありました〜。
[PR]
by showko66 | 2006-10-04 00:00 | そのほか